So-net無料ブログ作成
検索選択
- | 次の10件

音盤夜行EXTRAに出演します [DJ出演]

onbanEX.jpg
いつもお世話になっている音盤夜行がゴールデンウィークの5月2日に渋谷で開催!
今回もお誘いいただきました。感謝!!

いつもにまして気合い入れて頑張りますよー。
お会い出来る皆さん、よろしくお願いします。

SpellCore EXTRAの追記その4 [レビュー]

Disc4「恋盤」は他の3枚には含まれていないサイケデリックトランス系の楽曲が含まれているのが特徴であり、全体のBPMとしてはやや速い目である。
一方で純然たる四つ打ちテクノも収録されておりジャンルという枝の先のもっとも端に実る”なにか”となるような構成である。
その”なにか”に華を見るか実を見るか、そのいずれにもあらず葉を見るか、はこの音盤を手に取ったもののみが視得る自己への回答であろう。


続きを読む


SpellCore EXTRAの追記その3 [レビュー]

Disc3「奇盤」はTrack1の茴香が象徴するようにハウスの音盤である。
ブックレットでは四つ打ちの入門書としての意味合いからBPMが他の3枚と比較して遅めであるからハウス、というニュアンスで統一している。

しかしながら音について正確に記すならばこの”奇盤”はTrack5の牡丹が象徴するシカゴ・ハウスの色が強い。
解説文では”歌う”と表現したルーシュ氏の二胡の音色についてもアニミズムを根底に持つ呪術的な歌であり”呪う(まじなう)”歌声とした方がより適切であろう。


続きを読む


SpellCore EXTRAの追記その2 [レビュー]

今回はDisc2「魔盤」の曲。
Disc1がいわゆるど真中のテクノトラックを網羅したバランスのとれた盤だとすれば、このDisc2はよりディープな、ジャンルという枝の先端に進んだ曲が揃っている。
例として挙げた曲も明確で分かりやすい楽曲とは少し違う脇役的な気配のある物を選んだ。


続きを読む


SpellCore EXTRAの追記その1 [レビュー]

選曲とブックレットの解説と写真で参加した荒御霊の例大祭新譜”SpellCore EXTRA”は好評のようで大変嬉しい限りです。
ただ、解説の言葉が難しいとか例に挙げた曲が見つからないと言う話をちらほら聞きますのでこのブログでフォロー出来れば、と思い何回かに分けて補足したいと思います。
てことで、今回はDisc1「夢盤」の例に挙げた曲を以下にご紹介。
全部Youtubeから参照出来れば良かったんですがどうに見つからず、やむを得ずダウンロードサイトへのリンクにしている曲がありますが宣伝とか他意は全く無い事をご理解下さい。
CDタイトル”〜〜〜”とあるものはそのタイトル名のCDが発売されていますので、曲を探すならレコードではなくてそのアルバムを探した方が楽かと思います。


続きを読む


例大祭おつかれさまでした。 [その他]

ホテルに戻って一段落。
SpellCore Extraを手に取っていただいた皆さん、本当にありがとうございました。



このブログについて [ABOUT]

gojo.jpg

五条狐萩の近影



2001.11.10 開設。
2010.03.10 移転、再開。

天燈通信社でランタンツウシンシャと読みます。
五条狐萩でゴジョウコハギと読みます。
横文字にするとそれぞれ"Lantern Communicator"と"Kohagi Gojo"です。
その五条狐萩が見たり聴いたり思ったりした事を残していくページです。
統一のとれていないオタク話が大半です。
Googleの検索で過去のページの残骸が出てきますが見なかった事にしてください。
twitterは左のブログパーツからどうぞ。
twitpicはこちらへ
- | 次の10件
ブログを作る(無料) powered by So-netブログ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。